2006_11
30
(Thu)15:05
RIMG5549shoumenn.jpg

昨夜は散歩がすごく遅かった。2時過ぎていたかな。お友達がラブラド-ルの子犬をいただくということで、ちょっと話がもりあがり、そんな時間にケンチャン、マイちゃん、ごめんなさいね。
そしていつもとおり、夜中の散歩は商店街の明るいところです。

するとむこうから黒いものがダーッと近づいてくる。猫?
猫なんか近づかないよね。マイは尻尾振って大喜び。ケンはガウーと興奮しまくる。犬だ!小さいよ。マルチーズ?ヨーキー?ミックス?どこかであった感じだな。
そして、またどこかへ走り去ろうとするから、必死で呼び止める。ケンチャン、がうがう言わないでよ!怖がって逃げちゃうでしょ。何度も、おいで、おいでって言って捕獲。抱っこ。
首輪も何にもない。ちょっと下のほうを触ると男の子のしるし。しかも去勢してない。もう捕まえたものはしょうがない。
とりあえず、交番へ行って届けを出す。明日の朝まで預かってとお願いしたら、だめ!と断られた。しょうがない、じゃあ30分だけ預かって。OKがでた急いで散歩をして首輪とリードをもって迎えにいく。

そこで上の画像ですよ。ごんたくん。7月に保護して横浜の方に里子に迎えていただき、今はとっても大切にしてもらっているごんたくん。思い出してしまいました。あの時ははじめてこと(実は二度目なのですが、)なので気が動転して、どうしていいかわからず、だったけど、今回は何のその。(ほんまかいな!
帰ったらもう4時だし、とりあえず寝よう。彼をごんちゃんのときと同じように玄関につないで。ケンを抱っこして、マイはテレビ台につないで。どんな子だかわからないからね。あんまり近づけないようにと。ようやく寝ました。でもくんくんなくんだ、この子。ワンワンほえるし。私を呼んでるんだよ。寂しいんだね。と思いながら、こっちはもうだめ。おやすみなさい。

そして今朝早朝電話がなりました。
でも眠くてほっといたら、何度もかかってくるから。ひょっとして期待に胸を膨らませ出ると。
そうです!!!飼い主さんでした。もう家の近くまで来ています。えー!!あわてて着替えてわんこを抱いておりました。30前くらいの男の子。ともう一人男の子!知っている子でした。(近所の料理屋さんに勤めてるかわゆい男の子)同居してるんだよ。ということは、そうそうそうです。彼らはそうなんです。
話がそれました!

そしてなんと、私がごんちゃんを保護して散歩してるときにあったことがあるんだって。話をしてるうちにわかったのです。
そして、彼は交番で女の人に拾われたという話を聞いたときに、あの時あった人が拾ってくれてたらいいのになあって、思ったんだって。
なんともすごい話でしょ!
ほんの一秒でも違ったら私は遭遇しなかったわんこ⇒コロチャン、ヨーキーでした。
気をつけてね。もう脱走したらだめだよ。

と長い話を最後まで読んでくださってありがとうございます。
そう、あっという間の出来事で写真もとってないよ。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。